防犯対策としての犬の存在



犬を防犯対策として飼うことには、一定の効果が見込めます。
が、一方で、犬だけに頼った防犯対策には限界もあります。


犬がいることで、空き巣などの侵入をためらわせる効果はあるとされています。
犬の吠え声は周囲の人々の注意を引くことができますし、不審者を威嚇することが可能です。

また、犬を散歩させることで地域の監視活動が活発になり、犯罪の抑止力になるという研究結果もあるそうです。
ただ、犬の鳴き声だけでは侵入者を完全に防ぐことはできず、他の防犯対策と組み合わせたほうが賢明でしょう。


犬の性格や犬種によっては防犯に向かないこともあります。
防犯目的で犬を選ぶ際は、忠誠心や警戒心が高く、賢い犬種が推奨されます。
ジャーマン・シェパードやドーベルマンなどの犬種が防犯には適しているとのこと。


犬を飼うことによる防犯効果を期待することはできますが、それだけに頼らず、防犯カメラや最新の電子キーなど、他の防犯対策も併用することが推奨されます。

防犯対策は単体ではなく掛け合わせで行っていくべきでしょう。
犯罪者にとって侵入がめんどくさい家となればいいので。

防犯対策 おすすめ

安価で即効性のある防犯対策としては、以下のグッズがおすすめです。


・インサイドロックとサムターンカバー:
室内側に取り付ける補助錠やサムターン回しを防ぐカバーは、在宅中でも安心して使用できる防犯対策です。
低コストでありつつも、出入り口の防犯性を高めることができます。

・補助錠:
窓の防犯対策には補助錠の利用も効果的。
100円均一ショップで入手可能な安価な補助錠から、カギを取り外して2重ロック状態にできる高防犯性の補助錠まであります。
これらは窓の防犯性を手軽に高めることができるため、賃貸住宅でも気軽に導入できるのもいいです。

・窓用防犯ブザー:
窓が開けられたり、窓ガラスが割られたりした際に大きな警告音を発する窓用防犯ブザーも、比較的リーズナブルな価格で入手が可能です。
設置が簡単で、防犯ブザーがあるということだけでも、一定の抑止効果が期待できます。


これらの対策は、いずれも導入が容易でコストパフォーマンスに優れています。
賃貸住宅でも原状回復が必要な場合に、容易に取り外し可能な製品が多いのも魅力です。

やっぱり住まいの出入り口たる玄関や窓の強化が、有効ですね。

防犯対策の具体例




防犯対策は、一戸建てやマンション、さらには女性の一人暮らしにおいて非常に重要です。
以下に、玄関、窓、庭、ベランダなどの防犯対策の具体例を挙げていきます。


玄関・窓・庭・ベランダの防犯対策
・鍵付きの門扉の設置:
敷地内への侵入防止に有効。
侵入者にとって開けるためには時間と労力が必要になります。

・ディンプルキーや補助鍵の導入:
ディンプルキーは複製が難しく、ピッキングを防ぐ効果があります。
補助鍵の併用も有効。

・防犯砂利やセンサーライトの設置:
踏むと音がなる防犯砂利や、動きを感知して点灯するセンサーライトは、不審者の侵入を察知しやすくします。

・セキュリティステッカーの貼付:
「空き巣対策中」や「防犯カメラ設置中」といったステッカーを玄関ドアに貼ることで、抑止力を高めます。
不審者に警戒心を持たせられます。


ホームセキュリティの利用
・ホームセキュリティサービスへの加入:
不審者の侵入を検知すると、セキュリティ会社や警察へ自動で通報するシステムです。
火災検知や緊急車両の手配など、幅広いトラブルに対応してくれます。


防犯カメラの効果と設置の重要性
・防犯カメラの設置:
犯罪抑止だけでなく、発生した犯罪の証拠記録にも役立ちます。
設置場所やカメラの性能を考慮することが重要です。

・ダミーの防犯カメラ:
ある程度の抑止効果はありますが、プロの窃盗犯には見破られる恐れがあり、実際の犯罪防止には不十分と言えます。


女性の一人暮らしで気をつけるべきこと
・常にドアの施錠を確認し、夜間は窓を開け放さない。

・不審者を察知した場合は、直ちに近隣住民や警察に通報する。

・留守時や就寝時には、室内の灯りやテレビの音を活用して、人がいるかのような雰囲気を作る。


これらの対策は、犯罪を完全に防ぐことはできませんが、リスクを減らし、より安全な環境を作るために有効です。
防犯対策は、日々の意識と継続的な努力が重要となります。

いかに不審者にとって面倒な住まいであるのかを知らせられるかがポイントになります。

防犯対策 賃貸

賃貸物件の防犯対策も、様々なものがあります。
以下に、効果が期待できる防犯グッズや対策について紹介します。


・サムターンガードの取り付け
サムターンガードは、ドアの内側の鍵(サムターン)を外部から回されることを防ぐアイテム。
価格が手頃で、賃貸物件にも取り付けやすい製品が多くあります。

・録画機能付きインターフォンの設置
不審者がチャイムを鳴らした際に自動で録画するインターフォンは、侵入窃盗犯を抑止する効果があります。
工事不要で設置可能な製品もあるため、賃貸物件にもおすすめです。
記憶もアテにならないときがあるので、記録のできる媒体は大事です。

・補助錠の追加
後付けできる補助錠を窓や玄関に設置することで、侵入に要する時間を増やし、犯罪者の侵入を防ぐことができます。
賃貸物件でも使用できる両面テープで固定するタイプの補助錠もあります。
犯罪者に「この家めんどくせー」と思わせられれば勝ちです。

・Secualのホームセキュリティシステム
Secualは、配線不要で簡単に設置できるホームセキュリティシステムです。
開閉センサーや人感センサーを利用して不審者を検知し、異常をスマートフォンに通知する機能があります。

・周辺環境の改善
人通りが多く、夜も明るい環境、また住民同士が挨拶を交わすようなコミュニティが形成されている場所は、犯罪者が侵入しにくいとされています。
賃貸物件の選定時にも考慮すると良いでしょう。
物件選びの段階から、ですね。
住民の質についてもゴミ置き場から察せたりします。

・防犯フィルムやガラスの使用
窓に防犯フィルムを貼ることで割れにくくし、侵入を困難にします。

・親子のコミュニケーション
子供が一人で留守番する際は、家に入る瞬間の対応や、知らない人が来た場合の対処法を含め、家族でルールを決めておくことが重要です。
また、子供が何でも話せる関係を築くことも、防犯対策として大切です。
不測の事態に備えて、スムーズ連携のために決めておくといいでしょう。


これらの対策を組み合わせることで、賃貸物件における防犯対策を強化し、安全な生活空間を確保することが可能です。

防犯対策 マンション





マンション住まいの方が意識しておきたい防犯対策には、さまざまなものがあります。
以下、まとめます。


セキュリティ設備と周辺環境
オートロックのマンションや防犯カメラが多く設置されているマンションは、侵入窃盗犯から狙われにくくなります。
セキュリティ設備が充実していると、侵入をあきらめさせやすくなります。
周辺環境が良いマンション(人通りが多く、街灯が多く夜でも明るい、外から様子が見えやすい等)も防犯上有利です。
また、管理人が常駐しているマンションは、侵入しにくい環境にあります。

入居前でしたら、要チェックです。


個人でできる防犯対策
窓の防犯対策として、防犯フィルムの貼付や窓の鍵を二重ロックにすることが挙げられます。
防犯フィルムは窓を割るのに時間がかかるようにし、侵入をあきらめさせる効果があります。

玄関の防犯対策では、外出時は必ず鍵をかけ、補助錠やサムターンガードの設置なども推奨されます。
鍵の管理を徹底し、合い鍵の不適切な保管を避けることも重要


警視庁からの推奨事項
ガードプレートの取り付けや防犯性能の高い建物部品(CP部品)への交換を検討しましょう。
これにより、ドアの強度を高め、ピッキングやサムターン回しによる不正解錠を防ぎます。

センサー付きライトの設置やカメラ付きインターホンの導入も効果的です。
オートロックシステムや、見通しの良いフェンスの設置も推奨されています。

「警視庁からの」ということで説得力がありますね。


防犯カメラの運用について
防犯カメラを設置する場合は、映像の第三者提供の制限や、映像情報の貸与条件など、運用に関するルールがあったりします。
映像の保護とプライバシーの配慮は必要ですが、自衛のために導入できるようでしたら検討してみると良いでしょう。
設置の時に建物に穴をあけたり等の影響が出たりしないか、そうした配慮も忘れないようにしましょう。


マンションでの生活を安全に保つためには、これらの防犯対策を適切に実施することが重要です。
また、管理組合や住人同士で情報を共有し、相互にサポートし合うことも、防犯上有効な手段の一つになります。