防犯対策 賃貸

賃貸物件の防犯対策も、様々なものがあります。
以下に、効果が期待できる防犯グッズや対策について紹介します。


・サムターンガードの取り付け
サムターンガードは、ドアの内側の鍵(サムターン)を外部から回されることを防ぐアイテム。
価格が手頃で、賃貸物件にも取り付けやすい製品が多くあります。

・録画機能付きインターフォンの設置
不審者がチャイムを鳴らした際に自動で録画するインターフォンは、侵入窃盗犯を抑止する効果があります。
工事不要で設置可能な製品もあるため、賃貸物件にもおすすめです。
記憶もアテにならないときがあるので、記録のできる媒体は大事です。

・補助錠の追加
後付けできる補助錠を窓や玄関に設置することで、侵入に要する時間を増やし、犯罪者の侵入を防ぐことができます。
賃貸物件でも使用できる両面テープで固定するタイプの補助錠もあります。
犯罪者に「この家めんどくせー」と思わせられれば勝ちです。

・Secualのホームセキュリティシステム
Secualは、配線不要で簡単に設置できるホームセキュリティシステムです。
開閉センサーや人感センサーを利用して不審者を検知し、異常をスマートフォンに通知する機能があります。

・周辺環境の改善
人通りが多く、夜も明るい環境、また住民同士が挨拶を交わすようなコミュニティが形成されている場所は、犯罪者が侵入しにくいとされています。
賃貸物件の選定時にも考慮すると良いでしょう。
物件選びの段階から、ですね。
住民の質についてもゴミ置き場から察せたりします。

・防犯フィルムやガラスの使用
窓に防犯フィルムを貼ることで割れにくくし、侵入を困難にします。

・親子のコミュニケーション
子供が一人で留守番する際は、家に入る瞬間の対応や、知らない人が来た場合の対処法を含め、家族でルールを決めておくことが重要です。
また、子供が何でも話せる関係を築くことも、防犯対策として大切です。
不測の事態に備えて、スムーズ連携のために決めておくといいでしょう。


これらの対策を組み合わせることで、賃貸物件における防犯対策を強化し、安全な生活空間を確保することが可能です。